ひげ脱毛は痛すぎるので麻酔なしでは受けるのは不可能?

痛みに弱い人向け。ひげの脱毛の際に麻酔を使えるクリニックを紹介

脱毛と聞くと、施術の際に少なからず痛みが伴うイメージがありますよね。

特に皮膚がデリケートなフェイス部分で行う「ひげ脱毛」は痛みが強いのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。

できることなら麻酔を使って楽にひげ脱毛の施術を受けたいですが、麻酔を使う場合にかかる麻酔費用も気になるポイントです。

ここでは、ひげ脱毛の種類と痛み、またひげ脱毛の際に使われる麻酔の種類について解説していきます。

ひげ脱毛ができるおすすめのクリニックと麻酔にかかる費用もご紹介していますので、ぜひご参照くださいね。

痛みはどのぐらい?麻酔は必要?

ひげ脱毛とは

ひげ脱毛に限らずVIOやおでこ、胸毛、うなじ、襟足など普段見えにくい部分の脱毛には痛みが付き物という印象ですが、実際にはどのぐらいの痛みがあるのでしょうか。

実は、ひげ脱毛と言っても施術方法は1つではなく、光脱毛やレーザー脱毛などいくつかの種類に分かれています。

比較的痛みが少ない光脱毛さえも感じ方には個人差があり一概には言えないのが現状。

痛みが少ないに越したことはないですが、肌質や毛質によってはどうしても痛みを感じることがあります。

では、どのような人がひげ脱毛を受けた際に特に痛みを感じやすいのか、詳しく見ていきましょう。

ひげ脱毛で痛みを感じやすい人の特徴

以下の3項目に当てはまる場合は、ひげ脱毛の際に痛みを強く感じるかもしれません。

  • 肌が黒い
  • 髭が濃い
  • デリケートな肌質(敏感肌など)

脱毛に使用する機械は毛の黒い色に反応して照射を行うものが多いため、肌が黒い人は毛の部分以外にも痛みを感じてしまうことがあります。

照射の刺激で肌が荒れるリスクもあるため、日焼けをした直後などは施術が行えないということも。

もともと肌が黒い人は問題ありませんが、日焼けによって肌がダメージを受けているときは避けた方が良いでしょう。

また毛が濃い場合も同様で、毛の太い部分に機械が反応して痛みを感じることがあります。
男女限らず、脇や背中、脚や腕など毛が濃い方はあらかじめ自分で毛を剃ってから脱毛に来ることを推奨しているクリニックも多いです。

その他、肌質がデリケートな人も照射の刺激を受けやすく、痛みを感じやすい傾向があるようです。

更に毛根から伝わる熱によって火傷を負ったり、赤みなどの肌荒れが起こったりするリスクがあり、ひげ脱毛施術後のアフターケアも重要となります。

このように、通常よりも痛みを感じやすい人は麻酔を行ったうえでのひげ脱毛施術を受けるのがおすすめ。

次からはひげ脱毛の種類別、施術方法と痛み、またひげ脱毛の際に使われる麻酔の種類などを解説していきます。

ひげ脱毛の種類と痛みの強さ

house99official

ひげ脱毛の施術方法として代表的なものは以下の3種類です。

  • 光脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

それぞれどのような方法でひげ脱毛を行うのか、どの程度の痛みをげ脱毛を受ける際感じるのかなどを見ていきましょう。

光(フラッシュ)脱毛

光脱毛によるひげ脱毛とは、脱毛の機械から照射される光でひげに熱を与え、毛根がダメージを受けることで新たなひげが生えてきにくい状態にする脱毛方法です。

エステや脱毛サロンで採用されている方法で、医療資格のないエステティシャンなどが施術を行うため、ひげ脱毛に使える機械に制限があり、毛根に与えるダメージは少なめ。

発毛細胞を完全に破壊することはできないので、しばらく脱毛をしない期間が続くとまた生えてくるという特徴があります。

毛の周期に合わせて15回~20回程度の施術が必要となり、中には効果が出るまで2年程度かかる場合も。

言ってしまえば光脱毛によるひげ脱毛は毛を薄くしたり、生える周期を遅らせる脱毛と言えます。

ただし威力が弱い分、後述する医療脱毛のひげ脱毛よりも痛みが少なく肌への負担がかからないというメリットもあります。また後述する医療脱毛クリニックでレーザー脱毛のひげ脱毛を受けるよりやすい事が多い。

永久脱毛ではなく一時的にひげを無くしたいという方や、とにかくひげ脱毛を受ける際の痛みを抑えたいという方は光脱毛によるひげ脱毛がおすすめです。

また肝心のひげ脱毛を受ける際の麻酔ですが、光脱毛を行う美容脱毛サロンでは使用できません。特に笑気麻酔などは医師資格が必要なので、医師がいない美容脱毛サロンでは使用できないのです。

レーザー脱毛

レーザー脱毛によるひげ脱毛は光脱毛よりもパワーのある機械で照射することで、発毛細胞を破壊して新たなひげが生えないようにする脱毛方法です。

レーザー脱毛は細胞を破壊するため医療行為となり、クリニックなどの医療機関でのみ行っています。

レーザーと言っても「アレキサンドライト」「ダイオードレーザー」「メディオスター」など様々な種類があり、機械によって痛みも異なります。

中でも「メディオスター」は最新のひげ脱毛に使われる機械で痛みが少ないと言われているので、よりひげ脱毛による痛みを抑えたい方は「メディオスター」を採用しているクリニックが良いでしょう。

またレーザー脱毛は医療機関での施術のため麻酔の利用が可能です。

脱毛の中でもひげ部分は特に痛みが強いので、麻酔が使えて光脱毛よりも高い効果が期待できるレーザー脱毛は多くの方におすすめと言えます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は細い針のような器具を毛穴に刺して電流を流すことで発毛細胞を破壊させるひげ脱毛の方法です。

直接毛根にダメージを与えるため他の方法よりも効果が高く、破壊された毛根からは二度と毛が生えてこないため、永久脱毛も可能。

ただしニードル脱毛は非常に痛みが強く、クリニックであれば麻酔が行えるものの価格は高め。

また光脱毛やレーザー脱毛のように広範囲を一度に施術するのではなく、毛穴の1本1本に施術していくため時間がかかります。

費用も時間もかかるうえ痛みも伴うため、ニードル脱毛を選ぶ方は少ないでしょう。

とは言え脱毛としての効果は高いため、デザインひげなど部分的に永久脱毛を行いたいという場合はニードル脱毛もおすすめです。

ひげ脱毛で取り入れられる麻酔の種類

麻酔はどこで

麻酔を受けられるひげ脱毛の方法は、レーザー脱毛またはクリニックでのニードル脱毛の2つです。

どちらも麻酔がないと強い痛みを感じる場合があり、痛みが原因でひげ脱毛を諦めてしまう方もいるほど。

クリニックではあらかじめ麻酔のオプションを付けられることが多いので、痛みが気になる方は麻酔をお願いすると良いでしょう。

ひげ脱毛の際に採用されている麻酔には以下の3種類があります。

  • 笑気麻酔
  • 麻酔注射
  • 麻酔クリーム

それぞれの仕組みや注意点などを詳しく見ていきましょう。

笑気麻酔

病院でも使われる笑気麻酔は亜鉛化窒素と医療用酸素を吸入することで脳の働きを抑え、ボーっとしたような状態にする麻酔方法です。

お酒に酔ったような感覚になり、痛みを感じにくくなったりリラックス効果が期待できたりします。

笑気麻酔は吸入している間だけ効果を発揮するため、吸入をやめるとすぐに効果が切れてしまうのも特徴。

施術中は常に麻酔が効くように鼻での呼吸を続けることが重要です。

意識を失うほどの濃度はなく自分できちんと吸入を行う必要があるので、鼻呼吸が難しい状態や呼吸器系の疾患がある場合などは医師に相談しましょう。

麻酔クリーム

麻酔クリームは肌の表面を麻痺させて麻酔がかかった状態にする方法です。

クリームに含まれるキシロカインやリドカインなどの成分が肌に浸透することで少しずつ感覚が麻痺していきます。

ひげ脱毛を受ける際に麻酔クリームは塗ってから効果が出るまでに30分~1時間程度の時間を要します。

施術前に麻酔クリームによる麻酔を行う場合は、時間に余裕を持ってクリニックを訪れるようにしましょう。

また麻酔クリームはあくまで表面的な麻酔であり、毛根の刺激にはあまり効果を発揮しないことも。

笑気麻酔と麻酔クリームを併用するクリニックもあるようなので、笑気麻酔と麻酔クリームセット料金など事前に確認してみてくださいね。

麻酔注射

麻酔注射は麻酔液の入った注射を行い、部分的に神経機能を停止させる麻酔方法です。

1時間~3時間程度の持続的な効果があり、麻酔としての効果も高いのが特徴。

ただし施術の度に注射を打たなければいけないうえ、そもそもその注射が痛いという問題があるため実施しているクリニックは限られています。

特に顔部分はデリケートなので注射による副作用が現れるリスクもあります。

麻酔注射を受けたい人はあらかじめ医師と相談してから決めた方が良いでしょう。

痛みが不安の方におすすめクリニック3選

house99official

最後に、今回お伝えした方法でひげ脱毛や麻酔が受けられるおすすめのクリニックをご紹介。

いずれも口コミ評価の高い人気のクリニックとなっていますので、今までひげ脱毛をしても効果を感じなかった人はぜひチェックしてみてくださいね。

ヒゲや全身のムダ毛のお悩みに!男性脱毛の【メンズリゼ】

メンズリゼクリニックは3種類の医療レーザー脱毛機を採用している脱毛クリニックで、肌質や毛質に合わせた施術を行ってくれるのが特徴です。

ひげ脱毛については「セレクトひげ脱毛」という形で気になる部位を選択できるプランがあるなど自由度の高いひげ脱毛が受けることができるのが魅力。

全体のひげ脱毛ももちろんあり、値段の面でも月々3,000円からの支払いが可能なため学生でも通いやすいです。

全国に20院展開しており、関東をはじめ名古屋や大阪、福岡など幅広いエリアの方におすすめのクリニックです。

サービスや金額面のバランスから人気脱毛クリニックランキングで上位に来ることが多いです。

麻酔を使った場合の費用は以下の通り

麻酔の種類 麻酔の費用(税抜)
笑気麻酔 3000円(30分)
麻酔クリーム 3000円

メンズ永久脱毛なら、男性用【ゴリラ脱毛】

ゴリラクリニックは最新機器の「メディオスター」をはじめ5種類のレーザー脱毛機を使用しており、ひげ脱毛に定評のあるクリニックです。

金額面を見ると「ひげ脱毛完了コース」ではセットの6回終了後、3年以内に限り1回100円で追加の脱毛が行えるというのが大きな特徴。

予約キャンセルや肌トラブルが発生した際の治療費、再診料などが一切かからず、コース料金のみで施術ができるという分かりやすさも嬉しいです。

麻酔注射も対応しているので、より痛みを抑えて施術したい方はゴリラクリニックがおすすめです。

麻酔の種類 麻酔の費用(税抜)
笑気麻酔 3000円(30分)
麻酔クリーム 3000円
麻酔注射 範囲により相談

テレビCMでおなじみ!全国展開が嬉しい【湘南美容クリニック】

湘南美容クリニックは累計実績が75万件を超え、全国のひげ脱毛に悩む男性から支持されているクリニックです。

最新の医療用レーザーを用いており、エステや脱毛サロンよりも短い期間・回数でのひげ脱毛効果が期待できます。

全国67院のクリニックでひげ脱毛施術に対応している他、男性専用のクリニックも5院あり通いやすさの配慮もしっかりされています。

ひげ脱毛については3部位セットの6回コースが30,000円以下で受けられるなど、価格面でのメリットも大きいでしょう。もちろん麻酔も可能。

麻酔の種類 麻酔の費用(税抜)
麻酔クリーム 3,000円

まとめ

house99official

ポイントまとめ

  • ひげ脱毛は「光脱毛」「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」があり、いずれも痛みを伴う
  • 「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」は医療機関での施術となるため麻酔が利用できる
  • 麻酔で痛みを軽減できる、減毛ではなく脱毛ができるため、ひげ脱毛はクリニックでの施術がおすすめ

毎日のひげ剃りを面倒に感じる男性にとって、ひげ脱毛は魅力的です。
また最近はあごひげや口ひげなどデザイン髭を生やす方も多いので、綺麗なラインを作りたいという方もひげ脱毛を受けると良いかもしれません。

しかし施術方法によっては強い痛みを感じることがあり、麻酔なしだと痛みのせいでひげ脱毛を諦めたり、体験申し込みに二の足を踏んでいたりする方も多いでしょう。

現在は麻酔がなくてもあまり痛みを感じないように脱毛器自体も進化していますし、それでも痛いという場合は麻酔の利用が可能です。

長い目で見るとひげ脱毛は費用面でも処理にかかる時間という事でも効率的なので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

記事作者_icon
たまき
snob編集部
現在脱毛をライティングするにあたり自分でお試し中。やっぱりムダ毛なくなるとテンション上がるし継続したくなる!皆さんもお試しでやってみるといいですよ!世界変わります。
Instagram_icon
この夏、思い切ってワキ脱毛に踏み切りました。人に見せるわけではないですがやっぱり快適。ワキだけの脱毛だったので思ったより安いな…という実感。
ヒゲを生やしているので完全ひげ脱毛をする予定はないですが、麻酔ありならあご下の髭はひげ脱毛できたらいいなって思います。
最新情報をチェックしよう!