ヒゲ脱毛を受ける際にそっていく必要があるワケ。当日までに気をつけるべきこと

髭脱毛を受ける際にはそっていくのが基本。その訳とは

ヒゲ脱毛の施術を受ける際、ほとんどのサロンやクリニックでは事前にヒゲをそっていくように指示されます。ですが、「どうせ脱毛するのに、なぜそっていく必要があるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、事前にヒゲをそっていく必要があるワケを解説します。ヒゲをそっていくべき理由以外にも、当日までに気をつけるべき他のポイントなども紹介するので、合わせてチェックしてみてください。

ヒゲ脱毛を受ける前にヒゲをそっていく必要がある理由

ヒゲ脱毛を受ける前にヒゲをそっていく必要がある理由

ヒゲ脱毛の前にヒゲをそっていくなんて面倒だと感じてしまう人もいるかもしれませんが、事前にひげをそっていくのには、きちんとした理由がいくつかあります。ではどんな理由があるのか見ていきましょう。

火傷のリスクを減らす

医療レーザーや光脱毛でヒゲ脱毛を行う場合、レーザーや光をヒゲに照射して毛乳頭を破壊します。これは、レーザーや光が黒色のメラニン色素に反応する特性を利用した脱毛方法です。

そのため、もしもヒゲがそっていくのを怠り、肌の表面に残っていると、肌の表面でヒゲが焼けてしまい、そのヒゲと接触している肌も火傷のリスクが高まってしまうのです。これはヒゲだけに限らず、日焼け肌やほくろ・色素沈着などでも同じく火傷のリスクがあります。

まずはこういった火傷のリスクを回避するために、ヒゲ脱毛の前にヒゲをそっていく必要があるのです。

脱毛効果が分散される

ヒゲ脱毛をする際に余分なヒゲが残っていると、レーザーや光がそのヒゲに反応してしまい、そのぶん照射威力が分散してしまいます。威力が分散すると、毛根までしっかりと脱毛することができず、脱毛効果が低くなってしまうのです。

脱毛威力を余分なヒゲに分散させず、脱毛効果を最大限に得るためにも、ヒゲを事前にそっていくことは大切です。

マーキングしづらい

サロンやクリニックによっては、ヒゲ脱毛の施術を始める前に、脱毛する場所やパーツを分かりやすくするためにマーキングをする場合があります。その時にヒゲがあるとマーキングがしづらくなってしまいます。

マーキングがうまくできていないと、照射の打ち残しができたり、脱毛しなくていい箇所まで照射してしまう可能性があります。施術担当の人がマーキングをしやすくするためにも、ヒゲが伸びすぎていないようにしましょう。

ヒゲをそっていく場合の最適なヒゲの長さは?

ヒゲをそっていく場合の最適なヒゲの長さは?

ではヒゲ脱毛の前にヒゲをそっていく場合、どれくらいの長さにそっていく必要があるのでしょうか?

家庭用脱毛器などでは、1mm~2mm程度のヒゲを残すことを推奨していることがありますが、それは威力の弱い家庭用脱毛器の場合に限ります。

サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛は、家庭用脱毛器よりも照射威力が高いです。威力が高いぶん肌への負担や火傷のリスクも高くなります。

そのため、サロンやクリニックでヒゲ脱毛をする場合は、ヒゲを残しておく必要はありません。しっかりとヒゲをそっていくようにしましょう。

ヒゲをそっていく必要がない場合もある?

ヒゲをそっていく必要がない場合もある?

ここまではヒゲをそっていく必要性について解説しましたが、逆にひげをそっていく必要がない場合もあります。ではどういった時にヒゲをそらなくていいのか紹介しましょう。

初回カウンセリングや初診時

光脱毛に申し込む際の初回カウンセリングや、クリニックでヒゲ脱毛をする際の初診時には、ヒゲをそっていく必要がない場合があります。

ヒゲの濃さや肌の状態などは人によって違いますよね。サロンやクリニックでは多くの場合、最初にヒゲ脱毛を受ける人のヒゲの濃さや肌質をチェックしています。その時に、もしもヒゲが綺麗にそられていたら、ヒゲの濃さや毛質をチェックできません。

ただし、当日のカウンセリングや初診が終わったあと、そのまま施術を行う場合もあります。その場合は申し込みの段階で、ヒゲを事前にそっていくよう指示があるはずです。もし指示などがなく、そっていくべきかどうか分からない場合は、電話などで確認するといいでしょう。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛でヒゲ脱毛をする場合は、ヒゲをそっていく必要はありません。ニードル脱毛は、毛穴に電気針を刺して毛根に電気を流し、毛根を破壊した毛を毛抜きで抜き出す脱毛方法です。

そのため、逆に毛抜きで抜ける程度の長さ(2mm~3mm程度)のヒゲを残しておく必要があります。ニードル脱毛での施術だと、ヒゲが綺麗にそられていると、施術ができないこともあるので注意が必要です。

有料でヒゲをそってくれるサービスもある

施術を実際にする時にヒゲのそり残しが目立つ場合は、そのままだと施術ができないので、現地でヒゲをそる必要があります。

そうなると衛生面の管理やシェーバーの準備など、サロンやクリニック側に無駄な作業が発生してしまいます。そのため、現地でヒゲをそる場合、有料サービスになることが多いです。

そこまで料金は高くありませんが、時間も手間もかかってしまうので、何か特別な事情がない限りは家でそっていくのをおすすめします。

ヒゲ脱毛前に気を付けておくべきその他のこと

house99official

ヒゲ脱毛をする前に、ヒゲをそっていく必要があることを解説しましたが、他にもいくつか気を付けておくべきことがあるので紹介します。

ヒゲ脱毛の前後は飲酒を避ける

ヒゲ脱毛は人によってかなりの痛みを感じるで、その痛みのせいで体が何かしらの反応を起こしてしまうことがあります。反応といっても、多くの人は汗をかいたり、涙が出る程度です。

しかし、二日酔いなどで体調が悪かったりすると、痛みを感じた際に体が過剰に反応してしまい、人によっては施術中に吐いてしまうこともあります。

体調がよくないと、炎症が長引いたり、痛みを感じやすくなったりする原因にもなります。炎症などを抑えるために、ヒゲ脱毛の直後も過度な飲酒は控えた方がいいです。ヒゲ脱毛の施術を受ける前後はなるだけ飲酒は控え、万全の体調でのぞみましょう。

日焼けをしないよう気を付けよう

黒色のメラニン色素に反応する光脱毛やレーザー脱毛では、日焼けはNGとされています。肌が日焼けをして黒くなっていると、光やレーザーが肌のメラニン色素にまで反応してしまい、火傷を起こしてしまうのです。

サロンやクリニックでも、日焼けに関してはかなり厳重な注意を受けます。火傷をせず安全にヒゲ脱毛を行うために、できるだけ肌が日焼けしないよう気をつけましょう。

外で紫外線に当たる機会が多い人は、意識してしっかり日焼け止めを塗ることをおすすめします。

マスクを持参しよう

ヒゲ脱毛の施術を受けると、施術直後に肌が炎症を起こしてしまうことがあります。人によって程度は違いますが、肌の弱い人ははたから見ても炎症しているのがはっきり分かるほど赤くなる場合も。

そんな時にマスクを持参していれば、口周りを隠すことができ、周囲にヒゲ脱毛をしたことがばれないので便利です。サロンやクリニックによっては施術後にマスクをくれるところもありますが、くれない場合もあるので、自分で持参しておくと安心です。

ヒゲ脱毛当日までにしっかりと準備をして施術に備えよう

ヒゲ脱毛当日までにしっかりと準備をして施術に備えよう

ヒゲのそり残しなどがある状態で現地に行くと、現地でヒゲをそったり別途料金がかかったりと、無駄な費用や時間を浪費してしまいます。

そういったことにならないよう、サロンやクリニックでヒゲ脱毛を受ける方は事前にしっかりヒゲをそっていくようにしましょう。日焼け対策や体調管理にも気を付けて、万全の状態でヒゲ脱毛にのぞめるよう準備しておいてくださいね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!