市販されているコスパの良いオールインワンコスメ7選

男性が気軽に使えて買える市販オールインワンアイテムを紹介

メンズスキンケアは以下の4工程を踏む必要があります。

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液

メンズにとってそんなめんどくさい3つの工程を1つにまとめてくれるのがメンズオールインワン。
これ一本で簡易的なメンズスキンケアを済ませることができます。
でもそんなめんどくさがりやさんはこうも思うのではないでしょうか。
「スキンケアは簡単に、値段もそれなりで。また市販されているもので簡単に手に入れたい。」

このようなメンズの願いは間違っていません。人間ストレスなく物事を済ませたいですからね。

そこで今回Snob編集部は市販されていて気軽に買えるメンズオールインワンをピックアップしました。

全国のめんどくさがり屋のメンズの皆さん必見ですよ。

メンズスキンケアは市販のオールインワンタイプで十分?!

メンズスキンケアは市販のオールインワンタイプで十分

先に説明したようにオールインワンタイプのメンズスキンケア用品は4つの工程を1つにまとめ、面倒なメンズスキンケアの時間を大きく減らしてくれます。

もちろん、オールインワンタイプは万能ではありません。

4つの工程を踏むきちんとしたスキンケアが、1つにまとめられるオールインワンと
効果が同じであれば、全ての商品がオールインワンタイプに移行していますものね。

そう、オールインワンタイプは、その効率の良さが一番の魅力。
あくまで時短グッズとして考えるといいでしょう。

とは言え、近年のオールインワンタイプの効能は飛躍的に向上しており、特に肌にそれほど大きなこだわりのないメンズには十分におすすめできるものとなっています。

ドラッグストアなどでも市販されていることも多いので簡単に手に入ります。
オンラインで買うのはめんどくさい、市販されているもので済ましたい。それもOKです。

最初はもののためしで始めてみることが大切。入門編として市販されているオールインワンをまずは手に取ってみましょう!

種類たくさん!市販オールインワンタイプの選び方

種類たくさん!市販オールインワンタイプの選び方

手順だけでなくオールインワンタイプはその手軽く購入できる値段も魅力。

単純に3つのアイテムを購入する必要がなく、1つのオールインワンを買えば良い。すでにコストパフォーマンス抜群です。

実はメンズスキンケア用品は高価なものは多く、3種のスキンケア商品を買うとそれだけで1万円を超える金額になる物も多くあります。

しかし市販されているオールインワンでしたら、安いものなら1000~3000円程度の出費で押さえることが出来るのです。

メンズスキンケア用品は一度買って終わりではなく、使い続けてこそ意味のあるもの。長く使うためにもお財布に無理のない市販されているオールインワンを選ぶこともメンズスキンケアを長く続けることの秘訣。

そんな多くのメンズスキンケア用品が様々な種類で展開されているように、オールインワンタイプも色々な種類のものが市販されています。

しっかりと理解した上で、ご自身に合った市販のオールインワンを選ぶようにしてください。

オールインワンタイプの種類を解説

オールインワンタイプの種類を解説

オールインワンは大きく分けると

  • 保湿
  • 美白
  • アンチエイジング

と分けられます。

どのオールインワンを選べば分からない方はまずは保湿を選んでおくと無難でしょう。
保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンを含むことが多く、肌を瑞々しく保つことが出来ます。

また40才以上の方はアンチエイジングのオールインワンもおすすめ。

おすすめのメンズオールインワンコスメ

おすすめのオールインワンタイプのメンズスキンケアグッズ

では実際に市販されている中からオールインワン化粧品を選ぶ時にはどんな商品がいいのでしょうか。

今回は編集部が買いやさ、使いやすさを重視した視点でおすすめのオールインワンタイプのメンズスキンケアグッズをご紹介します。

DTRT オールインワントナー 10sec

DTRT オールインワントナー 10sec

◆値段
3,888円(参考価格)

◆オススメする理由
1つ目の市販おすすめメンズオールインワンは韓国発 DTRTのオールインワントナー 10sec(テンセック)。

この記事のタイトル通り、10秒でメンズスキンケアを完了できるメンズオールインワン。
オールインワンとは通常、化粧水、乳液、美容液が1つになったもの。しかしこのDTRTのオールインワントナー10 Secは香水も1つになったアイテム。

市販価格3,000円を超えますが、香水の働きもしてくれるのでコスパは高いです。

保湿カプセル入りなので、潤いを防止し、清潔感あるメンズフェイスを実現します。

オルビス ミスタースキンジェルローション

オルビス ミスタースキンジェルローション

◆値段(税抜き表示)
1,600円

◆オススメする理由
市販されているオールインワンの中で国産ブランドにこだわりたいのならこのオルビス ミスタースキンジェルローションがおすすめ。

無油分、無香料、無着色でアレルギーテスト済みのこのオルビス ミスタースキンジェルローションは男性特有の”べたつき感想”を防ぎ、肌を健やかに整えます。

アフターシェーブとしても使えるのでこれ一本で4役をこなす有能アイテム。

オルビスショップやLOFT、ハンズで市販されていることが多いです。もし近くにこれらのショップがないのならオンライン購入も可能ですよ。

DHCメン オールインワン モイスチュアジェル

DHCメン オールインワン モイスチュアジェル

◆値段(税抜き表示)
1,500円

◆オススメする理由
CMなどで一度は耳にしたことがあるであろう、DHCがメンズ向けに市販しているオールインワンがこれ。

コエンザイムQ10という美容成分が配合されているのが特徴
「メンズスキンケアが初めて」
「今まで使っていたものがしっくりこない」といった方には特におすすめなオールインワンです。
お値段も1,500円程度で市販されているので、試しやすいですよ。

FANCL メン オールインワン スキンコンディショナー

FANCL メン オールインワン スキンコンディショナー

◆値段(税抜き表示)
2,700円

◆オススメする理由
こちらも有名国産スキンケアブランドが展開するメンズむけオールインワン。
とにかくお肌の安全性にこだわった使用。防腐剤、香料、合成色素、界面活性剤、紫外線ん吸収剤を一切使っていない。

乾燥が気になるメンズの方や40代以上のメンズの方がアンチエイジングに使う方法がおすすめ。

NULL オールインワンジェル

NULL オールインワンジェル

◆値段(税抜き表示)
3,200円

◆オススメする理由
こちらもオルビスと同じく、楽天やamazonで人気のアイテムですが、全国の東急ハンズやLOFTでも市販されています。

3,000円を少し越えていますが、特筆すべきはそのコスパの高さ。
化粧水、乳液、美容液、クリーム、そしてフェイスパックとしても使えるのです。
5つの自然エキスがあなたの乾燥しがちなお肌に潤いを与えます。

ピクノジェールと言うフランス海岸松樹皮エキスが配合されていてメンズを悩ますシワ予防、日焼け対策、色素沈着によるシミの定着を防ぎます。

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

ZIGEN オールインワンフェイスジェル

◆値段(税込)
3,990円

◆オススメする理由

続いての市販されているおすすめオールインワンはZIGENのオールインワンフェイスジェルです。

メンズの肌に不足しているミネラルを中心に補う事で、紫外線やシェービングなどの刺激はもちろん、乾燥などからも肌を守ります。

体内では生成することができない必須アミノ酸を直接肌に塗り込むことで、サラサラな潤い肌を長時間キープしてくれる効果は、全てのメンズに満足いただけるものではないでしょうか。

オイルフリーで粘度調整剤を使用していないジェルタイプのメンズオールインワンタイプは珍しく、使い心地もマイルドです。

値段は少し高めですが、100g入っていて他のオールインワンよりも長く使うことができるコスパの高さからおすすめしました。

自分にあった市販メンズオールインワンの選び方と使い方

自分にあった市販メンズオールインワンの選び方と使い方

ご紹介した商品はごくごく一部。

是非、実際の店頭で市販されているものを買い求めるか、買いに行くのが難しい方はオンラインであなたの肌に合うメンズ向けオールインワン商品をお探しください。

最後にオールインワンタイプメンズスキンケアグッズの使い方についてです。

メンズは刺激を好む傾向があり、入浴中に体を洗う時に刺激の強い垢すりタイプのタオルを使用している方が多いようですが、肌は本来とてもデリケートなもの。

本当に肌のことを考えるのであれば、出来る限り刺激を小さくすることが理想。

オールインワンスキンケアを使用する際も、500玉くらいを手に取って顔全体に「こする」のではなく「伸ばす」感覚で塗り込んでいくような使用法が、肌にとって最も効果的な使用方法になります。

また、洗顔後はなるべく早く、指の腹や手のひらを使って、おでこから頬、鼻の周りと満遍なく塗り込むことを心がけましょう。

市販されているものは消費期限に気をつけて

市販されているものは消費期限に気をつけて

そして、意外と知られていないのが使用期限。

メンズスキンケアグッズは酸化することで雑菌が繁殖します。雑菌の繁殖した化粧品を使わないためにも、使用期限を守りましょう。

一般的に未開封の化粧品で3年、開封した化粧品の使用期限は3か月と言われています。もちろん保管環境でその年月は変わってきますが、こちらの数値を目安に使い切ることを意識しましょう。

最新情報をチェックしよう!