メンズにおすすめしたい!市販で買えるクレンジングをタイプ別に紹介

購入時に参考にしてほしい選び方や使用頻度も解説

メンズのクレンジング需要高まってきていますね。

しかし「市販のクレンジングを使いたいけれどどの商品を買えばいいかわからない」「今使っているクレンジングとは別の市販商品を使ってみたい」という男性もいるのではないでしょうか?

この記事では、メンズにもおすすめ・ドラッグストアなど市販で買える商品を紹介していきます。クレンジング初心者のメンズはもちろん、市販のクレンジングの購入を検討しているメンズ必見です。

「市販のクレンジングなんて効果ないんじゃないの?」とおもっているクレンジング上級者にもぜひ読んでほしい!

購入時に参考にしてほしい選び方や、使用頻度も解説していきますので、是非参考にしてくださいね。

あなたはどっち?メンズがクレンジングを使う理由

あなたはどっち?メンズがクレンジングを使う理由

これは「市販クレンジングをこれから使おう」と考えているクレンジング初心者のメンズにも知っておいてほしいのですが、メンズがクレンジングを使う理由は2つあります。

2つの理由以下の通り。

  1. メイク落としをしたいから
  2. 毛穴の黒ずみやニキビの対策など、スキンケアをしたいから

あなたはどちらですか?

実は、「メイク落としとしてクレンジングを使う場合」と「毛穴の黒ずみやニキビの対策など、スキンケアとしてクレンジングを使う場合」とでは、クレンジングの使い方・使用頻度はもちろん、おすすめしたい効果的なクレンジングのタイプも変わってきます。

まずは、それぞれの場合の使用頻度について解説していきます。

メイク落としとしてクレンジングを使う場合の使用頻度

最近はメンズの美意識向上によって、クレンジングを使っている男性が多くいます。

しかし従来、クレンジングは「女性のもの」という印象が強かったはずです。

その理由は「クレンジング=メイク落とし」と考えられることが多かったから。

毛穴に詰まった化粧品の油分を落とすために、メイクをした日は必ずクレンジングを使って肌を洗浄する必要があります。

つまり、毎日メイクをする男性は毎日クレンジングを使ってメイク落としをしてください。

でも、毎日となると「クレンジングめんどくさいな」と感じる日もあると思います。私も実際そうです。

クレンジングをするのは面倒だけど、メイクは落としたい。

そんな日、クレンジングはせず洗顔だけをした場合でも一見メイクは落ちているように見えるかもしれません。

しかし、落としきれなかった化粧品の油分は実は毛穴に残っています。この化粧品の油分、毛穴に残っているとの黒ずみやいちご鼻、ニキビなど肌トラブルの原因になってしまうんです。

ですから、メンズであってもメイクをした日は必ずクレンジングを使って化粧品の油分を洗い流すようにしましょう。毎日日焼け止めを顔に塗っている男性も同様です。

毛穴の黒ずみやニキビの対策など、スキンケアとしてクレンジングを使う場合の使用頻度

毛穴の黒ずみやニキビの対策など、スキンケアとしてクレンジングを使う場合の使用頻度

メイクをせず、「毛穴の黒ずみやニキビの対策など、スキンケアとしてクレンジングを使いたい」というメンズにおすすめのクレンジング使用頻度は週1~2回です。

「え?週1、2回だけ?」と思うメンズもいるのではないでしょうか。

メイクをせず、スキンケアとしてクレンジングを使用する場合のおすすめ使用頻度が週1~2回である理由には「肌への刺激」が関係しています。

クレンジングには、オイル・バーム・ミルク・クリームと様々なタイプがありますが、どのようなタイプであっても肌への刺激は多少あります。

クレンジングに含まれる成分で肌への刺激となるものは、以下の2つ。

  1. オイル成分
  2. 界面活性剤成分

それぞれ解説していきます。

市販のクレンジングに含まれる「オイル成分」とは

市販のクレンジングには様々なタイプがありますが「クレンジングオイルだけにオイル成分が含まれている」というわけではありません。

ミルクタイプやクリームタイプなど、市販されているどのタイプのクレンジングにも必ずと言っていいほどオイル成分は含まれています。これは、オイル成分が、メイクの油分や毛穴の汚れを落とすため。

毛穴汚れとなっている角質は、皮脂が毛穴に詰まったものです。つまり毛穴汚れも油分なんです。

油分はクレンジングのオイル成分ですっきりと洗い流すことができます。

ただ、このオイル成分が肌に必要な皮脂まで落としてしまいまうこともあります。オイル成分によって必要な皮脂を失った肌は、余分な皮脂を出してしまい、これがニキビや毛穴のつまりなど肌荒れの原因となってしまうのです。

市販のクレンジングに含まれる「界面活性剤」とは

界面活性剤は、本来は馴染むことのない水と油を混ぜる(乳化:エマルション)働きをするものです。

つまり、界面活性剤が全て肌によくないというわけではありません。

むしろ、界面活性剤はメイクの油分や毛穴に詰まった角質を溶かして落とすクレンジング剤には必要不可欠な成分なのです。

上記のように、オイル成分も界面活性剤もクレンジングには必要不可欠ですが、肌への刺激が強い。

スキンケアの一環として市販のクレンジングを使用する場合、毎日使うとメンズ肌に必要な皮脂まで流してしまい逆効果になることも。それを避けるため、メイクをしないメンズの場合は、クレンジングの使用を抑える必要があります。

週1~2回と、曜日を決めるなどして定期的に使用するのがおすすめです。

メイク落とし・スキンケアに効果的なクレンジングのタイプは?

メイク落とし・スキンケアに効果的なクレンジングのタイプは?

市販のクレンジングにはオイルを代表としてクリーム・バーム・ミルクなど様々な種類があります。

クレンジングのタイプは、目的や肌質に合わせて選ぶのが吉。自分がメンズクレンジングを使用したいと思うその目的に沿って選んでみてください。

メイク落としに効果的なクレンジングはシートタイプ・オイルタイプ

メイクをしっかり落としたいメンズには、洗浄力の高いシートタイプやオイルタイプのクレンジングがおすすめ。

ただし、市販のシートタイプは肌の表面からメイクを流すというよりも「拭き取る」形になるので、メンズの肌に負担がかかりやすいです。そのため、この記事では紹介しません。

「疲れていてどうしてもクレンジングがめんどくさい」という日や、アイメイクを落とす時にのみ使用するのがおすすめです。

メンズスキンケアとして効果的なクレンジングは肌質によって異なる

スキンケアとして市販のクレンジングを使用したいなら水分量の多いミルクタイプやクリームタイプが比較的おすすめ。

また、スキンケアとしてクレンジングを使用する場合、使用したいクレンジングが肌質に合うかどうかもクレンジング選びのポイントです。

洗顔やクレンジング後、肌が突っ張ってしまうのが気になる乾燥肌のメンズには保湿力が高くW洗顔不要のバームタイプ。

毛穴の汚れや黒ずみ、いちご鼻が特に気になるメンズには、テクスチャが硬く毛穴の奥まで洗浄できるジェルタイプがおすすめです。

まずは自分の肌質を知ることから始めましょう。

メンズにおすすめしたい!ドラッグストアなど市販で買える人気商品

では、メンズにおすすめしたい市販で購入可能なクレンジングを紹介していきたいと思います!

今回は

  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ
  • バームタイプ(2商品)
  • ジェルタイプ

の合計6商品を紹介します。

オイルタイプ:ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケル

まずは市販で買えるオイルタイプのおすすめ商品『ファンケル マイルドクレンジングオイル』。

メンズにおすすめしたいポイントはズバリ「洗浄力の高さ」。

洗浄力が高いからメイクもするりと落ちますし、メンズの毛穴汚れもすっきりと洗い流すことができるので、メイク落としとしてもスキンケアとしても使用することができます。

実は、「乾燥肌や角栓で悩んでいない」というメンズの肌にも、角質は存在しています。角質に含まれる脂肪酸が酸化すると、肌を老化(エイジング)させる原因になってしまいます。

ファンケル マイルドクレンジングオイルならその角質もしっかりと洗い流してくれます。市販ですが、クレンジング効果はばっちり。

クッション性も抜群なので、メンズ肌にも負担なく「なでるだけ」でメイクもすばやく洗い流せる優れモノ。

ただし、オイルタイプなのでメンズスキンケアとして使うには多少刺激が強いかなと。

使用時は肌をこすらないように気を付けてくださいね。

商品名 ファンケル マイルドクレンジングオイル
価格 1,570円(税込)
用量 175ml
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

クリームタイプ:無印良品 マイルドクリームクレンジング

無印良品 マイルドクリームクレンジング

市販で買えるクリームタイプのおすすめ商品は大人気、無印良品の『無印良品 マイルドクリームクレンジンググ』です。

肌なじみの良さにこだわったクリームタイプのクレンジングで、毛穴汚れをすっきりと落とすことができるのがおすすめポイント。

もちろんメイク落としとしても使用できますが、洗浄力はオイルタイプほどはありません。

乾いた手のひらに適量(2センチ程度)を取り、肌の上でやさしく転がすように汚れとなじませて使用します。

この時、使用量が少ないと、摩擦や落とし残しの原因になるので適量を必ず使用するようにしましょう。

また、強くこすると肌のたるみの原因となってしまうので、内側から外側にらせんを描くようにやさしくなじませるのが使用上のポイント。

ぬるま湯で十分に洗い流したあとは、洗顔料を使ってW洗顔してくださいね。

商品名 無印良品 マイルドクリームクレンジング
価格 990円 (税込)
用量 150g
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

ミルクタイプ:無印良品 マイルドミルククレンジング

無印良品 マイルドミルククレンジング

次におすすめするのは市販で購入できるミルクタイプのクレンジング『無印良品 マイルドミルククレンジング』です。

無印良品 マイルドミルククレンジングはベースメイクやコンシーラーのみなど薄いメイクを落としたいメンズにおすすめ。

やわらかく肌あたりのよいミルクタイプで、メンズ肌に余分な負担をかけずにすっきり汚れを落とします。肌にくるくると乗せていくとあっという間になじむのも嬉しいポイント。

ただし水分量が多いのでメイク落としというよりはスキンケア向けです。

しっかりと汚れを落とすためにはW洗顔は必須なので、お忘れなく!

商品名 無印良品 マイルドミルククレンジング
価格 990円 (税込)
用量 200ml
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

バームタイプ:ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)

ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)

市販で買えるバームタイプのクレンジング『ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)』は、エイジングケア用。

こちらは、メンズスキンケアとして市販のクレンジングを使用したいメンズにおすすめ。

うるおいの膜を形成するエモリエントヴェール処方で肌のうるおいを保ちながら、すっきりやさしく洗い上げるのが特徴的なスキンケアに特化したクレンジングバームです。

ローヤルゼリーを構成するタンパク質、ロイヤラクチンを模倣したペプチドが古い角質を取り除くことによって、メンズの肌にめらかさと明るさを与えてくれます。

W洗顔が不要なのも嬉しいポイント。「クレンジングもして洗顔もしている時間がない!」「クレンジングの後に洗顔?めんどくさい!」というメンズにもおすすめ。

そしてインテリアの邪魔をしない落ち着いたパッケージデザインもメンズにおすすめしたいポイントのひとつ。

メイクをせず、スキンケアの一環としてクレンジングを使いたいメンズに一度使ってみてほしいおすすめの市販クレンジングバームです。

商品名 ルルルン クレンジングバーム(アロマタイプ)
価格 2,420円(税込)
用量 75g
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

バームタイプ:DUO ザ クレンジングバーム

DUO(デュオ) ザ クレンジングバーム

市販で買えるバームタイプのクレンジングでおすすめしたいもうひとつの商品が『DUO ザ クレンジングバーム』です。

DUO ザ クレンジングバームは独自技術によって開発された毛穴よりはるかに小さい微粒子カプセル「毛穴クリアカプセル」で構成されています。市販で買えるのにこだわり強め!

毛穴にこの「毛穴クリアカプセル」が入り込むことですっきりと洗浄することができます。つまりメンズにとって大きな肌悩みとなっている黒ずみやいちご鼻といった「毛穴汚れ」を解消することができるのです。

DUO ザ クレンジングバームの機能は「クレンジング」だけではありません。

クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージ・トリートメントの5つの機能を兼ね備えています。市販とは思えない優秀さ。

メンズ肌に優しく、毛穴汚れもメイクもしっかりオフし、さっぱりしっとりの素肌を目指すことができます。

W洗顔不要なのもメンズにおすすめしたいポイントのひとつです。

毛穴やメイクの汚れをしっかりオフしながら洗顔もできちゃうので、めんどくさがりなメンズにも、クレンジングにこだわりたいメンズにもおすすめの市販レンジングバームです。

商品名 DUO ザ クレンジングバーム
価格 3,600円(税込)
用量 90g
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

ジェルタイプ:キュレル ジェルメイク落とし

キュレル ジェル

市販で買えるジェルタイプのクレンジングでおすすめしたい商品は『キュレル ジェルメイク落とし』です。

こちらはメイク落としというよりは、市販のクレンジングでスキンケアしたいメンズにおすすめ。ナチュラルメイクのメンズやメイクをしないメンズ向けかなと思います。

  • 落ちにくいアイメイクや口紅などは手や顔がぬれていない状態で念入りになじませる必要がある
  • 消炎剤(有効成分)配合で肌荒れを防ぐことができる

というのがメンズスキンケアとしての使用をおすすめしたい2つの理由です。

「保湿力があるので乾燥せず、乾燥肌には嬉しいですがノーメイク、ナチュラルの日にしか使えないのが残念」というレビューも。

メンズ肌にとっても必須成分である「セラミド」を守って洗浄し、肌荒れしにくい潤い肌に保ってくれるキュレル ジェルメイク落とし。

洗顔には、『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』がおすすめです。

肌荒れに悩んでいるメンズはスキンケアとして『キュレル ジェルメイク落とし』と『キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料』をセットで使用してみてはいかがでしょうか。

キュレル 潤浸保湿 泡洗顔料も市販で購入可能です。

商品名 キュレル ジェルメイク落とし
価格 1,100円(税込)
用量 130g
洗浄力
(メイク落とし)
低刺激性
(スキンケア)

まとめ:市販でも良い商品は沢山。肌に合うものを選ぼう

まとめ:市販でも良い商品は沢山。肌に合うものを選ぼう

今回は市販で購入できる、メンズ向けおすすめクレンジングを紹介しました。

「クレンジング初心者だからとりあえず人気の市販商品」とか「市販だと安いから!」という理由でクレンジングを購入するのはおすすめできません。

  • クレンジングの用途はメイク落としか?スキンケアか?
  • 肌質に合うかどうか

にも着目して、肌質にぴったりなクレンジングを使いましょう。

また、今回紹介したように、デパコスでなくてもメンズの肌悩みを解消してくれるクレンジングは市販で購入することができます。

自身の肌や用途に合う市販のクレンジングを見つけて、美肌を目指しましょう。

メンズにおすすめしたい!市販で買えるクレンジングをタイプ別に紹介
最新情報をチェックしよう!