オイリー肌メンズにも乳液はおすすめ!乾燥対策にぴったりな商品ランキング

ベタつかない、テカらない。メンズに是非使ってみて欲しいおすすめ乳液とは

今回はメンズ向け乳液のお話です。

「メンズ乳液なんて使うとベタベタしそう」

「ニキビができるんじゃ…」

「オイリー肌なのに乳液を使うなんてテカるのが怖い」

このような声が世のメンズの方から多く聞かれますが、結論から申しますと。

“これらはメンズ乳液の使い方や選び方が間違っていることによるもの。メンズも乳液をスキンケアに取り入れるべき!”と強くおすすめします。

この男性も乳液を使うべきという理由をご説明するとともにぜひオイリー肌の男性も、乾燥肌の男性も使ってみて欲しい乳液をおすすめランキング形式でご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

検証。オイリー肌にメンズ乳液はNGは本当か

まずはなぜ男性、その中でもオイリー肌(脂性肌)に乳液がNGという認識があるのかを検証してみましょう。

まずは肌質タイプを考える

まずは肌質タイプを考える

そもそも男性の肌に限らず皆さんの肌にはどういったタイプの肌があるのでしょうか。

肌質を大きく分けると以下の5つに分類できます。

  • 普通肌
  • 乾燥肌
  • オイリー肌(脂性肌)
  • 混合肌
  • 敏感肌

普通肌とは文字通り乾燥もテカりも気にならない肌のこと。乾燥肌はカサつきや突っ張りが気になる肌。

そしてオイリー肌はベタつきが気になったり、時間が経つとテカリが出てくる肌質のこと。

混合肌は乾燥肌と脂性肌の特徴を顔の部位によって併せ持つ(混合している)肌質です。

そして敏感肌、これは外部・内部からの刺激や要因によってすぐ肌荒れが起きたり赤みを持ってしまう肌タイプ。

これらを踏まえてまずご自身がこの場合でしたら本当に脂性肌なのか考えてみるのが良いでしょう。

脂性肌イコールニキビ肌ではない

よく多くの男性が自分はニキビができやすいから脂性肌だという風に思い込んでいますが、そうではありません。

特に思春期など十代であれば思春期特有の油分が過剰分泌されていることよってできるニキビ(思春期ニキビ)ですし、20代以降、成人してからのニキビは大人ニキビとも呼ばれ、毛穴のつまりやストレスが原因で起こるものが多いです。

そしてこの大人ニキビの原因の1つでもある毛穴つまりは乾燥が原因のことが多いのです。乾燥を防ぐには乾燥ケア、つまり化粧水や乳液を使った方が良いのです。

ただしニキビ肌とも呼べるニキビができやすい肌質の方はいらっしゃるので、その方はニキビ対策ができる化粧水や乳液がありますのえそちらを使うことをおすすめします。

オイリー肌の方が乳液選びで気をつけるべき点

オイリー肌の方が乳液選びで気をつけるべき点

そうは言っても脂性肌の方には脂性肌に合う乳液を、乾燥肌の方は乾燥肌に合う乳液を選ぶことをおすすめします。

オイリー肌の方は乳液の中でもベタベタしにくい、いわゆる”さっぱりタイプ”を選ぶのが吉。

乳液を購入する際にさっぱりタイプやさらさらタイプ、またはオイルコントロールと描かれた乳液を選ぶのが良いでしょう。

このような使用感は毎日行うスキンケアでとても大事。使うことがストレスになってはスキンケアを続けられないですからね。逆に乾燥肌の男性はしっとりタイプと書かれたものやセラミド、ビタミンC誘導体配合などと書かれているものを使うと良いでしょう。

メンズスキンケアの基本、洗顔・化粧水・乳液の必要性をもう一度確認しておこう

メンズスキンケアの基本、洗顔・化粧水・乳液の必要性

このようにメンズの方には色々な肌質がありますが、乾燥肌の方はもちろん、脂性肌の方も乳液を使うことをおすすめする理由が分かっていただいたと思います。

こちらでは今一度、メンズスキンケアの基本、乳液の役割を確認するとともに化粧水との関係もおさらいしておきましょう。

洗顔の役割とは

洗顔の役割とは

スキンケアにしても保湿するにしてもまずは洗顔をしなくてはスタートできません。

洗顔をすることにより肌の表面についた汚れや余計な油分を落としていきます。

その時に大事なのはきちんと泡だてて肌を刺激しないように洗顔すること。これによりスキンケアをスタートする土台が用意されます。

化粧水の役割

化粧水の役割

メンズスキンケアの一番ベーシックなものは化粧水と乳液。洗顔後、化粧水だけでもいけませんし、乳液だけでもいけません。なぜならばこの化粧水と乳液は役割も効果も全く違うから。

化粧水のメンズスキンケアに関する役割とは水分補充と補給です。洗顔した後の素肌は表面の汚れや油分がすっきりと落とされいわば「素」の状態。顔の表面から水分を保つ油分は取り除かれているので、何もしないとどんどんと水分が蒸発していきます。

その水分を補うため、補給するのが化粧水の役割となります。

乳液、ここがメンズスキンケアのポイント

乳液、ここがメンズスキンケアのポイント

さて、ここで乳液の出番となります。乳液は化粧水で補われた水分を止め、正しい油分量を肌に載せてやるのが役割です。つまり肌を覆うフタの役割とも言えるでしょうか。

乳液をしなくても、勝手に油分は出るのでは?!とお考えの方もいらっしゃると思いますが、実はそれは大きな間違い。

乳液を使わずに肌が乾燥していくと、肌自体が自己防衛のために油分を分泌するのですが、これが大抵の場合、過剰分泌になってしまうのです。

いわゆる「テカリ」はこうやって生まれているのですね。

そして問題は化粧水で補った後、メンズ乳液を使わないと油分が分泌されるまでは水分がどんどんと失われていく状態。その後に表面に過剰分泌された油分が上乗せされると中は乾いて、外だけがテカる状態になります。

これがメンズ特有の肌問題である「インナードライ」というものです。

これを防ぐことがメンズスキンケアの成功の第一歩と言えるでしょう。

メンズ乳液のおすすめの選び方の方法とは。

メンズ乳液のおすすめの選び方の方法とは

これまでもかなりメンズ乳液の選び方のポイントをお話してきましたが、おすすめ乳液をランニング方式でご紹介する前にまとめておきましょう。

おすすめの選び方ポイントまとめ

  • 脂性肌はあっさりタイプ、乾燥肌はしっとりタイプを選ぶ
  • ニキビができやすい男性はニキビケア用、乳液がおすすめ
  • コストパフォーマンス。価格と性能のバランスをみる
  • 使いやすさ、テクスチャーが気に入ったものを使うのがおすすめ

これらがメンズ乳液を選ぶ際にポイントにすると良いでしょう。

脂性肌はあっさりタイプ、乾燥肌はしっとりタイプを選ぶ

先ほどもご説明したように、肌質にあった乳液を選ぶようにするのが良いです。特に脂性肌はオイルフリーと書かれたものやあっさりタイプという表示のメンズ乳液がおすすめ。乾燥肌の方はしっとりタイプでセラミドやビタミンC誘導体配合などと書かれたメンズ乳液が良いでしょう。

ニキビができやすい男性はニキビケア用、乳液がおすすめ

脂性肌イコールニキビができやすいわけではないのですが、ニキビが体質的にできやすい男性はかなりいらっしゃいます。特に20代以降にあらわれる大人にキビに悩まされている方はアクネケアやノンコメドジェネリックと書かれているものがおすすめ。

これはどちらもニキビの原因となるアクネ菌やコメドができにくい処方がされているものです。

コストパフォーマンス。価格と性能のバランスをみる

コストパフォーマンス。価格と性能のバランスをみる

市販されているメンズ乳液は量も価格も様々なものがあります。メンズスキンケアに予算をかけられる方は良いのですが、

これから始めたい、という方はなかなか高いものは使いにくいと思います。

メンズスキンケアは少なくとも3ヶ月は使い続けないと効果が現れにくいと言われています。そのためにも3ヶ月無理なく続けられるメンズ乳液を選ぶのがおすすめ。

途中で値段的に続けるのが無理ではもったいないですからね!

使いやすさ、テクスチャーが気に入ったものを使うのがおすすめ

こちらもメンズスキンケアを続けていくのに大事な要素。容器が使いやすいか、乳液そのもののベタつきが抑えられているかは使い続けることのストレスの原因ともなりますので、メンズ乳液を選ぶ際には注意しておきたいところ。

それでは次は乳液の選び方を踏まえて、おすすめの乳液をランキング形式でピックアップしましたのでぜひメンズ乳液選びの参考にしてみてください。

おすすめ市販アイテムを肌質別にランキング形式で紹介!

おすすめ市販アイテムを肌質別にランキング形式で紹介

まずお断りしておきたいのが、価格や手に入れやすさも大事ですが、自分に合うものを選ぶようにするのをおすすめします。

なぜならば使ってていて効果が感じられない、気分があがらないスキンケアはどれも続かないから。

しっかりと自分の肌質に合い、尚且つ使っていて気分があがるような乳液を選びましょう。

まずは乾燥肌・混合肌・普通肌の方におすすめのメンズ乳液ランキング

おすすめランキング1位はBULK HOMME バルクオム  THE LOTION

バルクオム

数々のメンズコスメサイトのランキングで1位を獲得しているバルクオム の乳液が乾燥肌・混合肌・普通肌の男性向けならこのBULK HOMME バルクオム  THE LOTIONを使っておけば間違い無いです。

メンズの肌のことを考え抜かれて作られていて乾燥を防ぎつつも男性が嫌がるベタつきがありません。

また柑橘系の香りがきつすぎずちょうどよく香るので気分が上がります。

見た目もかっこいいので部屋に置いておいても絵になりますし、女性受け抜群ですよ。

人の皮脂の構造に近い”スクワランオイル”が配合されているので肌に馴染みながらも乾燥を防ぎます。サランい肌に含まれる保湿成分の天然保湿因子「黄金まゆ」成分が肌のバリア機能を補強、サポート。

美容にこだわりたい男性にもメンズスキンケア初心者の方にも本当におすすめできます。

バルクオム は初回500円、2回目(4500円)の契約で半額以下で使えるトライアルセットも公式で販売しているので気になる方はぜひ。

おすすめランキング2位はTHREE フォー・メン ジェントリング エマルジョン

THREE フォー・メン

おすすめ2位は僅差でTHREEのエマルジョン。なぜ2位なのか、それは値段。性能だけではバルクオムより良いかもしれませんが、6,500円と倍ちかくするのでこだわりのメンズにしかちょっと手が出せないかな …と。

ただお値段分だけの価値はもちろんあります。逆にコスパは高いといっても良い。保湿力を保ちながらベタつきを抑えているのでつけた後は驚きのすべすべ感。安いメンズ乳液ではありえないです。

あれ、本当に乳液つけたっけ?なんて思うほど。

天然由来成分とボタニカルウォーターで作られているので肌にとにかく優しい。香りは高級コスメって感じで強くなく、男性がつけることをよく考えられているって感じですね。こだわりたいメンズにおすすめ。

おすすめランキング3位はDTRT DEAR MATT

DTRT DEAR MATT

見た目もかっこいい、このDTRTは韓国発のメンズコスメブランド。とにかく幅広い年齢、肌質に使いやすいブランドラインです。

もちろんこのメンズ乳液も色々な方におすすめできます。ただバランスが良いとは言えますが、突出したところもないのが印象。

5つのハーブエキスが肌の水分と油分のバランスを整えストレスに強いメンズ肌を作ってくれますよ。

さらに乾燥肌でも時間が経つとテカる男性特有の肌悩みを解決してくれるテカリ予防対策をしてくれる乳液でもあります。

値段も手に取りやすい価格ですし、初心者にもおすすめできますね。ローションタイプなので長く使えてコスパも良い。

脂性肌・オイリー肌の男性におすすめのメンズ乳液ランキング

脂性肌・オイリー肌の男性におすすめのメンズ乳液ランキング

どうしてもメンズの肌はテカリやすい、これはしょうがないです。ただそのテカリはインナードライと呼ばれる肌の内側が乾燥しているために油分が過剰分泌されているのが原因かもしれません。

脂性肌・オイリー肌はもともと油分分泌が多く、きちんと保湿してもギトギトになってしまう肌質なので、今一度ご自身の肌質をチェックしてみてくださいね。

おすすめランキング1位はLAB SERIES オイルコントロール デイリーモイスチャライザー

LAB SERIES オイルコントロール

これぞまさに男性のオイリー肌の悩みを解決してくれる一本。おすすめランキン1位はLAB SERIES オイルコントロール デイリーモイスチャライザーです。

クレイ(泥)と角質ケア成分が配合されており、水分を補給しつつ余分に分泌される皮脂をコントロールしてくれます。

よく、泥パックや高級エステでもクレイは使われているので、自宅でそれと同じような効果を期待できます。

可能であればLAB SEIRIESのオイルコントロール クリアリング ソリューションと一緒に使うとさらにテカリ対策ができるのでおすすめですよ。ちょっと値段が高いですが、使ってみて効果をすごく感じたのでおすすめ1位に挙げさせていただきました。

おすすめランキング2位は無印良品 乳液 敏感肌用・さっぱりタイプ

おすすめランキング2位は無印良品 乳液 敏感肌用・さっぱりタイプ

スキンケア初心者や出来るだけコスパの良いものをと願う方には無印良品の敏感肌用・さっぱりタイプをおすすめ。

岩手県釜石の天然水から作られたスキンケアシリーズの乳液。

乾燥も予防しながらさっぱりとした使い心地にこだわったアイテムです。

無印良品のコスメは低刺激にもこだわっているので無香料・無着色・無鉱物油などなど肌に優しいのも特徴です。

男性女性関わらず使っていただけるので彼女や奥さんとのシェアドコスメとして置いておくのも良いですね!

おすすめランキング3位はキールズ UFオイルフリージェル

キールズ UFオイルフリージェル

こちらはアメリカのコスメブランド。乳液はとろりとしたテクスチャーのものを創造されると思いますが、こちらはジェルタイプの乳液です。

ぷるんとしたジェルを手に伸ばして使うのですが、肌をぷるん年あげるにも関わらず、テカらない。

オイルフリー、つまりオイルを使っていないので少しでもテカリを抑えたいという男性におすすめですね。

アンタークチシンという南極の氷河に生息する微生物からとった糖タンパク質を含んでいる絵kすが配合されています。

さらにチガヤ根エキスが肌への水分補給をサポートし潤いを与えてくれます。

とても優れたメンズ乳液なのですが夏場はとてもいいんです、ジェルなのにひんやりとして。シャワーを浴びた後に使うと最高。

しかし冬場は寒い..というわけでその点を考慮しておすすめ3位にランキングしました。

敏感肌におすすめの乳液ランキング

敏感肌におすすめの乳液ランキング

テカリと同じくらい悩みの深い敏感肌。ちょっとの刺激で赤くなったあり肌荒れを起こすの、辛いですよね。

そんな敏感肌さんはコスメ選びもかなり慎重になるはず。そんな敏感肌さんが少しでも安心して使ってもらえるかもしれない肌に優しい乳液をピックアップしてランキングにしました。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめランキング1位はキュレル 乳液

キュレル 乳液

肌質は人それぞれなので絶対安心とは言えません。しかしこのキュレルの乳液は肌の専門医である皮膚科でもこぞっておすすめされている乳液です。

肌荒れ、カサつき、痒みが出やすい男性に潤い成分セラミドやユーカリエキスが素早く浸透して肌に馴染んでくれます。

このセラミドが敏感肌対策として大切。セラミドが不足すると肌を外的刺激から守るバリア機能が低下します。

キュレルの乳液によってセラミドが補給されると表面のバリアが正しく貼り直され、肌荒れしやすい肌を作り出します。

ピリつきが怖くてコスメを使わない敏感肌男性たちにもぜひ一度使ってみていただきたいです。

おすすめランキング2位はミノン メン 薬用フェイスミルク

ミノン メン 薬用フェイスミルク

肌に優しいコスメブランドといえばミノン。コスパの高いアイテムでありながら低刺激でしかもしっかりと潤いを与えてくれる乳液です。

ニキビ・肌荒れを防ぎ、カサつき、ごわつきがちなはだを滑らかに潤してくれるでしょう。皮脂吸着パウダーが配合されているので使った後もベタつかずさらさらなのも嬉しい。

値段も安いのでメンズコスメ初心者にも良いですね!

その他知っておくと良いおすすめ情報

その他知っておくと良いおすすめ情報

乳液の重要性は理解していただけたでしょうか?またおすすめの乳液は見つかりましたか?

こちらの項では最後に乳液を使う上でいくつかのポイントをまとめてみました。

おさらいも兼ねて見ていきましょう。

乳液を使う効果的なタイミング

ベストなタイミングは洗顔・シャワー後の5分以内に化粧水をつけた後に適量使う。これがベストです。

洗顔でオフされた肌に化粧水で水分補給→乳液で薄い油分の膜を作り肌をカバーするようにしましょう。

乳液の正しいつけ方は?

おすすめの乳液のつけ方は手に適量とりそれを顔の中央からどんどんと外に薄く伸ばしていくやり方。

ハンドプレスといって両手を肌に軽く押し付けて馴染ませるやり方もありますが、男性はベタつきやテカリを嫌いますので、さらっとつけるのが良いと思います。

コットンを使用するのをおすすめしているサイトなどもありますが男性はヒゲに引っかかったりしてしまうので手で塗るのが良いでしょう。少しでも刺激を減らしたいですものね。

乾燥肌の男性はクリームと重ね付けしない。

乾燥で悩む男性はどうしても保湿クリームなどと併用したくなるかもしれませんが乳液との重ね付けは油分方になり毛穴を塞いでしまうのであまりおすすめできません。

もっと保湿力をあげたいのであれば化粧水を工夫するなどが良いでしょう。

まずは試してみて、自分に合ったものを

まずは試してみて、自分に合ったものを

最後に大事なことはコスメは人気や口コミだけでなくご自身に合ったものが一番良いです。

そのためにまずはバルクオム のようなお試しプランが用意されているものを使ってみるか、お店に行ってBA(Beauty Adviser)に相談するのが良いでしょう。

ただスキンケアは少なくとも3ヶ月は継続して使うのが良いです。3ヶ月くらい経ってから急に肌の感覚が変わってくることが多いです。初めはめんどくさいかもしれませんが週間にしてしまうのが良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!