メンズに乳液はいる?いらない?スキンケア効果やその理由・使い方を紹介

「乳液はいらない」というのは嘘だった!?乳液の必要性と、正しい使い方を解説

最近では、美容に興味を持ってスキンケアをするメンズが増えてきました。

スキンケアが日常的になってきたからこそ、メンズのみなさんも正しい方法でケアをしてニキビや乾燥などの肌トラブルをなくしたいですよね。

化粧水を使っているメンズは多いと思いますが、乳液となるとどうでしょうか?普段からお肌がベタついているのに、化粧水にプラスして乳液する必要なんてないのでは?と思っているメンズも多いかもしれません。

実はメンズスキンケアにも乳液は必要なんです!

化粧水を取り入れ始めたはかりで、乳液のことはまだまだわからない、というメンズのために、メンズスキンケアに乳液が必要な理由や正しい使い方についてお伝えしていきます。

「メンズスキンケアに乳液がいらない」は嘘?

お肌にとって保湿が大切なのはなんとなくわかっていて、化粧水はしっかりつけてるというメンズも多いかと思います。でも実は、化粧水は乳液とセットでつけることでスキンケア効果が格段に上がるんです。

乳液には以下のような役割があります。

  • 化粧水で補給した水分を閉じ込めて保湿してくれる。
  • 洗顔・化粧水・乳液の3ステップに欠かせない。

それぞれ解説していきます。

水分を逃さずしっかり保湿

乳液の大きな役割は、乳液に含まれる油分でお肌に膜を作ってお肌に補給された水分に蓋をしてくれるということ。

化粧水だけで保湿は十分と思っているメンズもいるかもしれませんが、化粧水で補給した水分は蓋をしないと蒸発してしまうのです。

そこで、保湿に一役買ってくれるのが「乳液」ということです。化粧水の後に乳液をつけなければ、せっかく化粧水をつけてもしっかりと保湿はできません。

洗顔・化粧水・乳液の3ステップが大事!

また乳液は、スキンケアをする際に必要不可欠な3ステップに欠かせないのです。

『洗顔料を使った洗顔でお肌を清潔な状態にリセットし、化粧水でうるおいを与えて乳液で水分の蒸発をガードする。』

この3ステップを毎日行うことで、健やかなメンズ肌を目指すことができます。

スキンケアの効果を高めるには、洗顔・化粧水・乳液のどれも正しく活用していくことが大切。乳液はメンズスキンケアにはいらない、というのは大きな間違いなんですよ。

メンズの肌に乳液が必要な理由

乳液はスキンケアに必要とわかったところで、なぜメンズ肌にも必要なのでしょうか?男性ならではの理由がありますのでチェックしてみましょう。

  • ひげ剃りなど、メンズ特有の外的刺激からお肌を守ってくれる。
  • お肌の油分の量をコントロールしてくれる。

メンズ特有の外的刺激から肌を守る事ができる

毎日のひげ剃りなどで、メンズ肌は少なからずダメージを受けています。

ひげ剃り以外にも、日焼け止めを塗らないことによる紫外線ダメージや、入浴や洗顔後の保湿ケアが不十分で受ける肌ダメージも。このようなメンズ特有のダメージから、乳液はメンズ肌を守ってくれるのです。

なぜメンズ肌を守ってくれるかというと、乳液を塗ることでお肌の皮脂膜の代わりをしてくれるから。

皮脂膜は本来お肌に備わっていて、保湿機能や保護機能などがあります。しかし様々な肌ダメージによって、メンズ肌は皮脂を失っているのです。

皮脂が不足している状態でいると、お肌に水分を保つことができずに乾燥を引き起こしてしまいます。乾燥はお肌の大敵で、ニキビなどの肌トラブルにも繋がるのです。

肌の油分の量をコントロールしてくれる

また、男性はお肌のベタつきが気になる方も多いと思います。

それは皮脂が過剰に分泌しているから。

それなら、保湿するための乳液はいらないのでは?と思うかもしれません。お肌の表面はそう見えないですが、実は皮脂の過剰分泌は、お肌の乾燥が原因の可能性もあります。

男性のお肌は、確かに皮脂量は女性よりも多いですが、水分量は女性より少ないのです。ということは、男性の方が乾燥しやすい傾向にあるということ。

お肌は乾燥するとバリア機能が低下します。それを保護しようとして皮脂が過剰に分泌するのです。

男性のお肌は、乾燥しやすいがために皮脂の分泌量が多くなってベタつきやすい、ということ。それを回避するためにも、乳液を含めたスキンケアが必要となります。

【効果を最大限に引き出す】乳液の正しい使い方

スキンケアは、毎日正しい方法で行うことでより高い効果が発揮されます。

今までスキンケアの習慣がなかったメンズにとっては、新たに時間を割かなければいけないので面倒に感じることもあるかもしれません。

それでも若々しいメンズ肌を保つには、今からスキンケアをきちんと正しい方法ですることをおすすめします。

乳液の正しい使い方と、乳液を塗る際のポイントについてお伝えしますので、参考にしてみてくださいね。

乳液の正しいつけ方・手順

まずは乳液の正しいつけ方からお伝えします。

①手のひらに適量出す。

乳液は、10円玉くらいの量が適量の目安です。たくさん塗ればいいというわけではないので、適量を守って使いましょう。

適量は商品によって異なることもありますので、パッケージや説明書に書かれた量を使うようにしてください。

②手の上で伸ばして温める。

手のひらに出したらすぐにお肌に塗るのではなく、手のひらで包むようにして人肌程度に温めましょう。乳液は油分を含んでいるため、温めることで浸透力が高まります。

③顔の中心から外側に向かって優しく伸ばす。

温まったら、顔の中心から優しく円を描くようになじませていきます。その際のポイントは「優しく塗る」ということ。

ゴシゴシとこすってしまうと刺激を与えることになるので、せっかくのスキンケアも台無しです。

そして、乾燥しやすいと感じている箇所は、意識的に指先を使って丁寧に塗ってください。

④ハンドプレスで顔全体になじませる。

最後にハンドプレスをして、乳液を顔全体に染み込ませましょう。

その際に、お肌に引っかかりを感じたら乳液が足りていない証拠です。乳液を少し足してなじませます。

乳液をつけるタイミング

メンズの皆さんに乳液をつけていただきたいタイミングはこちら。

  • 朝の洗顔後
  • 夜の洗顔後(入浴後)
  • シェービングの後

①朝の洗顔後

まずは、朝の洗顔後に乳液をつけましょう。

洗顔をすると、汚れだけでなくお肌に必要な皮脂も落としてしまっています。それを補うためにも保湿は欠かせないのです。

乾燥を防ぐことで、結果的にニキビなどの肌トラブルを防ぐこともできますよ。

②夜の洗顔後(入浴後)

夜の洗顔後も、乾燥を防ぐために乳液は欠かせません。

入浴中に洗顔をするメンズのみなさんも、洗顔をしたらなるべく早く化粧水と乳液で保湿をしましょう。入浴中も、洗顔をした後はお肌がどんどん乾燥しています。

乳液で乾燥を防いで、お肌の潤いをキープしましょう。

③シェービングの後

男性にとって忘れてはいけないタイミングが、シェービング後です。シェービングをしたら必ず化粧水とセットで乳液をつけるようにしましょう。

髭をそると、お肌の表面でバリア機能を果たしている角層まで削りとってしまうのです。

シェービングはお肌にとってかなりの負担となっています。その負担を少しでも軽減するために、シェービング後のスキンケアも毎日の習慣にしましょう。

乳液を塗る時のポイント

乳液を使う際に注意していただきたいポイントがあります!

より効果を高めるために、ぜひ心がけてみてくださいね。

  • 乳液をぬるタイミングは必ず化粧水の後。
  • 乾燥しやすい部分とテカリやすい部分で量を調整。

1つ目のポイントは乳液を塗るタイミング。

乳液の役割は、化粧水で補給した水分に蓋をして水分の蒸発を防ぐことです。

そのため、化粧水を塗った後で乳液をつけることは必須です。そして、化粧水をつけてすぐに乳液をつけるのではなく、化粧水がお肌に浸透した後で乳液をつけるのがベスト。

化粧水がなじむ前に乳液をつけてしまうと、乳液が浸透しにくくなることに加えて、化粧水によって乳液が薄まって効果が薄れてしまうのです。

乳液の効果を最大限に引き出すために、化粧水を塗った後は焦らず時間を置いてから乳液を使うようにしましょう。

2つ目のポイントは、顔の中でも乾燥の度合いによって、乳液の使用量を調節するということ。

Tゾーンはベタつきやテカリが気になるのに、Uゾーンは乾燥が気になるというような混合肌の方は特に、Uゾーンを重点的に保湿する必要があります。Uゾーンやその他の乾燥が気になる部分には、乳液を重ね塗りしましょう。

乾燥の仕方によってスキンケアを変えることによって、より効果的に保湿をして、肌トラブルの予防にも繋がります。

記事まとめ

メンズのみなさん、乳液がメンズスキンケアにとっても大切ということがわかっていただけたでしょうか?

ベタつきがちなメンズ肌にも、乳液での保湿は必要不可欠なのです。

化粧水だけで保湿できていると思っていたメンズにも、化粧水と乳液はセットで使って初めてしっかりと効果を発揮してくれるということを覚えておいていただきたいです。

スキンケアは、正しい方法ですることで効果を最大限に引き出すことができます。

メンズのみなさんも今回お伝えした乳液の必要性をしっかり理解し、正しい使い方などを実践して、肌トラブルのない健康美肌を手に入れてくださいね。

最新情報をチェックしよう!